0 Comments

米重 克洋 @kyoneshige

鳩山氏のCCS人災発言は理解が難しい。CCSは苫小牧でやっていると聞いてピンと来て調べてみたら、彼の地元選挙区。なぜそこにあるのか。それは鳩山氏が苫小牧に誘致する動きをしていたから。そのことが道新の報道でよく分かる。

2011年1月6日の道新朝刊では、鳩山氏が、苫小牧CCS実証実験について「極めて実現性が高いところまで来ている。最後の一押しをしたい」と発言したと紹介。
約2週間後の同21日の道新には、CCS実用化の地質調査について「今後、苫小牧の重要性が高まると信じる」と誘致を積極支援する意思を示したとある。

しかもその後同年10月には、今回彼が問題にした現地を視察。記者団に「(苫小牧が候補地に)選ばれるのは大丈夫だと思う。実証実験を成功させないといけない」と語ったという。そもそもスタートラインが温室効果ガスを90年比で25%削減するという鳩山政権の国際公約。CCSもその文脈で推進されたという。

私は地質学者でないのでCCSと地震の関連性についてコメントする立場にないが、彼がもし地震はCCSに起因する人災だと言うのであれば、今公職になくても当時の自身の政策判断と、その後の姿勢の転換について説明すべき責任があろうと思う。
それが無いから唐突で奇妙な印象しかない。

https://twitter.com/kyoneshige

Source: アルファモザイク
【悲報】「地震の原因はCCS」の鳩山由紀夫さん、実はCSSを苫小牧に誘致した張本人だった